様々な特徴を知り矯正歯科を選ぶ

矯正歯科を選ぶときに知っておきたいのは、矯正に使う装置に様々な種類があり、そのそれぞれに特徴があるということです。矯正に使う器具として思い浮かぶ銀色の装置は今も一般的に使われていますが、近年ではそれを使わないもの、使ってもその欠点を少なくできるものが増えてきています。これは長い治療をするうえで非常に重要なポイントで、どの矯正器具を使いどのように治療するのかは矯正歯科を選ぶときに必ず考えるべきことであると言えます。歯の表面につける装置をブラケットと言います。ブラケットを使うタイプの治療では、つけた装置にワイヤーを通し時間をかけて少しずつ歯を動かしていきます。銀色の装置は特にメタルブラケットと呼ばれ、比較的どのような治療にも対応しやすく費用が抑えられるという特徴があります。ほとんどの矯正歯科で主流となっている方法ですが、装置がとても目立って見えるので抵抗がある人も多くいます。そこで、白や透明の装置に変えることで目立たないようにする方法があります。これは審美ブラケットと呼ばれ、費用がかかる、採用していない矯正歯科もあるというデメリットがありますが、銀色のものと比べると見た目への影響はとても小さいです。装置を歯の裏側につける方法でも同じように目立たず矯正できますが、違和感が大きく発音に影響を与えてしまうというデメリットもあります。ブラケットを使用しない矯正として最近よく行われるのはマウスピースという装置を使うものです。これは装置による不快感が少ない代わりに、治療できる症状に限りがあります。自分に合った特徴を持つ治療法を選択し、それに合わせて矯正歯科を選ぶことが大切です。

矯正歯科の基本情報

新着情報

↑PAGE TOP